「スピードアップ」卒業。スピードダウンで頑張ります。

こんばんは。藤川あおばです。

・・・このところ、ちょっと急ぎすぎていたかもしれないな。
心配してくれた友人に「明日からはスピードダウンで頑張ります」とラインを打った。

私は、小学校1年生の通知表に書かれた『「スピードアップ」で頑張りましょう』の文字が忘れられない。
でもあれから20年、大人になった私が今度は『「スピードダウン」で頑張ります』なんて書いている。
正反対。面白いなぁ。

自分を縛ってきた評価や価値観も、余計なものから手放していかなければね。
大人だから、できるよ。

遅れがちだった小学校時代。大人になっても「スピードアップ」が追いかけてくる。

私は幼い頃からドジなうえに心配性だったので、いつも周りのみんなに遅れをとっていた。

あれは小学校1年生のとき。
授業でアサガオの種をプラスチックの鉢に数粒植える、という至極シンプルな課題に取り組んでいた。

なにかと遅れがちであることは自覚していたので、早く植えようと急いだ。
すると焦って種が指から滑り落ちてしまい、黒い土の上でどこにあるかわからなくなってしまった。

探しているうちにほかのみんなはどんどん植え終わって教室に戻っていく。
また最後になっちゃった・・・。涙が溢れてきた。
担任の先生は「どうしてそうなっちゃうかなぁ」と言って、一緒に種を探してくれた。

そして、その年の通知表に書かれたのが「スピードアップで頑張りましょう」というコメントだった。
(※下部に追記あり

それからずっと、何をするにも「スピードアップ」と自分に言い聞かせてきた。
私は人より遅いから、と、いつでも焦っていた。
周りに遅れをとらないように、神経を張っていた。

大人になり仕事を始めてからは、スピードと同時に正確さを求められるようになった。
スピードに対する劣等感と同時に元来の心配性がいたずらをして、もうヘトヘト。
なんだか、どこまでやっても周囲についていけていないような気がした。

先回りできてる。速さへの劣等感に終止符を。

今回、突然糸が切れた感じで、黄色信号が灯ってしまった。
休みをすすめられ、4日間、知っている人が誰もいない遠い場所で過ごした。
年次有給休暇を使って、突然の旅行。完全なるサボりである。

けれども元気だった私が先回りで仕事を終わらせてくれていたおかげで、すぐ休みに入ることができた。
向こう1週間のスケジュールはすでに組んであったので、引き継ぎもスムーズだった、と思う。
提出モノの締め切りも落とさなかった。

・・・あれ?できてる。先回り。

今まで盲目的に「私は遅い人間。人よりも急いでやらなければならない」と言い聞かせてきた。
劣等感とともに過ごした20年間だった。
けれどもそういえば、上司から事務処理が速い、と褒めていただいたことは少なくない。
先入観が強すぎて、その言葉さえ簡単に流してしまっていた。

小さい頃の「遅れた私」はもういない。

合格点は自分で決めるもの。

子どもの頃、とりわけ小学校では、親や先生をはじめとした周囲の大人の評価がすべてになる。
他の子どもと比べて劣っている能力を指摘され、追いつくよう大人に働きかけられる。
大人が穴を見つけて、子どもが土を運んで埋めていくイメージ。

穴というのは大抵、平均を下回っている欠点。平均的にできていれば、特に何も言われない。
逆に、穴が見つかったとして、それを埋めてもあくまで「フツウ」に追いつくだけ。
特に褒められる類のものではなかったりする。

大人がするのは、穴に気づかせるところまで。
土を運んでせっせと埋めるのは、子ども自身の努力。
手を止めるのも、その子自身の判断で。

不合格のラインはハッキリ決められているのに、合格のラインは提示されない。
合格点=手を止めるラインは自分で決めなければならないのである。

「スピードアップ」の文字がいつも私を追いかけていて、ずいぶん長い間劣等感に囚われていた。
周囲をよく見ているほうだと自負しているけれど、正しく見ることはできていないものだ。

私は、おそらく求められる「フツウ」に到達していた。
けれどもずっと土を積んでいたから、今度は手を止めるのが怖くなっていたように思う。

自分像を更新しよう。子どもの頃に貼られたラベルを大人の自分が書き換えるのだ。

子どもが大人に下される評価は「周囲との比較」が軸になっていることが多い。
特に幼稚園〜小学校の頃は、個性と社会適応の狭間にいる時期。
大人のほうも尊重すべきポイントを迷って、見誤ったり、心ない評価を下してしまうかもしれない。

だから自分が大人になってから、立ち止まって評価をつけ直すことがすごく大事。
自分自身で、正しい評価軸を引き直すこと。冷静に、正確に。

十何年間も行動を積み重ねてきたんだ。
あの頃の自分とは絶対的に違う存在になっている。

子どもの頃の自分と大人になった今の自分は、まったく別の自分である。
ピカピカのラベルを貼って、古いラベルは捨てて、胸を張って生きてゆきたい。

* * * * * * * * *

混乱の中過ごした4日間の終わり。
無意識に打ち込んだ「スピードダウン」という言葉がやけに腑に落ちた。
息を切らし走り続けた20年間に「たいへんよくできました」の◎をつけてもらえたようで頼もしい。


★ 2018.7.23.追記
通知表に「スピードアップでがんばりましょう」と書いたのは、母でした・・・!!
十年以上も担任の先生が書いたと思い込んでいたんですね。
実家で通知表を見直していたら、書いてあったのは保護者の欄でした。(笑)